■プロフィール

ゆうぴょん

Author:ゆうぴょん
主人の転勤で09年1月から愛犬のこむぎとメキシコシティに住んでます。

■最新コメント
■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
あややちゃんメヒコ滞在記③
2月2日(火)
「地元(メヒコ)の人の生活に密着している場所に行きたい」というあややちゃんの要望で、家から徒歩圏内にあるデパート、ショッピングモール、メルカド(市場)、スーパーなどに行ってきました。

メルカド
P1010541_20100213063142.jpg
メヒコ料理にはかかせない「チレ(青唐辛子)」
P1010543_20100213064250.jpg

メルカドには屋台も沢山並んでいます。
ちょうどお昼どきだったので、このようにたくさんのメヒコ人がタコスを立ち食いしていました。
P1030301(1).jpg

スーパー(気付いたら魚売り場しか撮ってなかった私。。。)
P1030303(1).jpg
あややちゃんはスーパーで、サルサやお菓子などのお土産品をゲットしてました。
この日はトータルで4時間以上は歩いたかな~?いい運動になりました!

2月3日(水)
友達も一緒に3人で、「国立宮殿」・「ルイスバラガン邸」に行ってきました。
が、「国立宮殿」は毎日無料で開放されているはずなのに、この日は閉まっていて中に入る事ができませんでした。。。
P1030304(1).jpg
理由は後から聞いた話だと、電気会社のデモがありその影響だとか。
しかもこの日は、雨が降ってダウンを着ていた位の寒さ。。。
P1030306(1).jpg

出鼻をくじかれた私達は気を取り直して「ルイスバラガン邸」へ。
「ルイス・バラガン」(ウィキペディアより抜粋)
メキシコ人の建築家・都市計画家。水面や光を大胆に取り入れた、明るい色の壁面が特徴的な住宅や庭園を多く設計したことで知られる。また住宅開発を手がける開発業者としても成功した。
彼の建築の基本は、白を基調とする簡素で幾何学的なモダニズム建築であるが、メキシコ独自の、たとえば民家によく見られるピンク・黄色・紫・赤などのカラフルな色彩で壁を一面に塗るなどの要素を取り入れ、国際主義的なモダニズムと地方主義との調和をとった。

一緒に行った友達に今回誘われるまで、ルイス・バラガンの事はほとんど知らなかったのですが、彼はメヒコだけではなく世界的にも有名な建築家で今回行った「ルイスバラガン邸」は世界遺産にも登録されています。
邸内は写真撮影禁止だったので、外からの写真のみになります。
下の写真を見てわかるかな?実は、「修復作業中」とかですべての家具類がアルミでまかれてしまっていて、肝心の色が全くわからない状態になっていました(泣)。
P1030317(1)_20100213070419.jpg
幸い2階はまだ作業が始まっていないようでそのままの状態で見る事ができましたが。。。
ちなみにこの窓は4つのパネルに分かれていますが、光があたると十字架のように浮かびあがるよう作られています。

国立宮殿に続きどこかツイていない私達。。。
うっぷん晴らし?(笑)に屋上で面白ポーズ写真を撮って遊んでみました。
(一緒に見学していた外人さんには笑われましたが。。。)
P1030316(1).jpg

友達とはこの後別れ、あややちゃんと2人で「シウダデラ市場」へ。
この市場はメヒコ各地のさまざまな種類の民芸品が売られていて、お店も約200店舗あります。
P1030329(1).jpg

P1030328(1).jpg
あややちゃんはもちろん喜んでくれて、あれこれ見て回ってお土産をゲットしていましたが、それ以上に私の方が大はしゃぎしてあれこれ購入してしまいました。。。(笑)
買ったものはまた後日紹介したいと思いま~す。

続く

スポンサーサイト
メヒコ観光 | 16:41:22 | トラックバック(0) | コメント(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。