■プロフィール

ゆうぴょん

Author:ゆうぴょん
主人の転勤で09年1月から愛犬のこむぎとメキシコシティに住んでます。

■最新コメント
■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ペルー旅行③(マチュピチュ)
マチュピチュ滞在2日目。
この日のメインは、「ワイナピチュ」に登ること。
ワイナピチュは、マチュピチュを一望できる山で、登山できるのは1日400人までと制限があります。
そのため、朝の6時には入口に、登山するための整理券を求めて行列が。
私達は、入口の目の前のホテルに宿泊していたので、5時45分に起きて整理券をもらいに行きました。
P1060282(1).jpg
朝は雨が降っていたので、みんなポンチョをかぶっていました。それに寒かった~!!
入山時間は、7時~と10時~のどちらかを選ぶ事ができ、私達は10時~にしました。

ホテルに戻り、朝食。
写真は撮りませんでしたが、オムレツが超~美味しかった!!
ここのホテル、食事がほんとパーフェクトでした♪

9時過ぎにマチュピチュに入り、しばし見学。
マチュピチュ内にはこのように沢山のリャマがいました。つぶらな瞳が可愛い♪
P1060288(1).jpg

P1060289(1).jpg

10時前にワイナピチュの入山口に到着。すでに行列が。
写真がボケてしまっていますが、後ろに写っているのがワイナピチュです。
P1060290(1).jpg
地球の歩き方によると。。。
「マチュピチュとの標高差はわずか250mだが、山は断崖絶壁で道はかなりの急勾配。毎年、山から人が落下するという事故がおこっているため、無理をせず、足元に注意して登ろう。」との事。

入口では名前と国籍などを書いてから登ります。
P1060291(1).jpg
これは、戻らない人をチェックするためだそうです。戻らないって。。。恐ろしや~

これだけの情報を読むと、かなり危険な登山に思えますよね。
でも実際登ってみると、確かにかなりの急勾配で体力的にはきつかったですが、落下するとかそういった危険性は感じませんでした。ちゃんと歩道もあるし、普通に登っていれば落下する事はまずありません。
P1060294(1).jpg
ひたすら登る事1時間
P1060298(1).jpg
頂上に到着です!!(写真、真ん中やや右側に写っているのがマチュピチュです)
P1060300(1).jpg
頂上から見るとマチュピチュが、密林に覆われたジャングルの中にぽつんと存在してるのがよくわかりました。
まさしく「空中都市」でした。

頂上ではこんなポーズで記念撮影している人も。何となくメヒコ人ぽかったな、この親子。
P1060308(1).jpg

30分ほど頂上を満喫し、山を下っていきました。下りの方が怖かったな~。
こんな風に滑っていかなければならない場所もあったり
P1060310(1).jpg
急な階段もあったり。。。
P1060315(1).jpg
高所恐怖症の旦那君は若干びびってました。

このワイナピチュ、マチュピチュに来た際には是非登ってもらいたいです。オススメです!!

夕方の電車でクスコに向いました。
電車の中ではアルパカ製品のファッションショーが行われ、ここで私はポンチョをゲット。購入品は後日まとめて紹介します。
P1060334(1).jpg

相席になった、フランス人の姉弟。
P1060335(1).jpg
この弟君がなかなか面白い子で、スペイン語で私達に「今まで何処の国に行った事がある?」と突然質問してきました。一応、「アメリカ・アルゼンチン。。。」と答えたら、「僕は、イタリア・ドイツ・アメリカ。。。(詳しい国名は忘れてしまったけど、とにかく沢山の国)に行った事がある。」と自慢気な弟君。
スペイン語は学校で勉強しているらしく、なかなか上手。その後も、行った国の自慢話を続ける弟君。とにかく、自分はスペイン語が話せて、色んな国に行った事を自慢したかったようです。
お姉ちゃんはそんな弟を見て恥ずかしそうにしてました。。。
こういった旅では、色んな国の人と出会えるのでそれも楽しみの一つです。

次はクスコです。


スポンサーサイト
旅行(メヒコ外) | 23:06:12 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。