■プロフィール

ゆうぴょん

Author:ゆうぴょん
主人の転勤で09年1月から愛犬のこむぎとメキシコシティに住んでます。

■最新コメント
■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
市内観光
先週から学校&毎日何かと予定が入っていて、少し疲れ気味のゆうぴょんです。。。
そんな中、やっとブログを更新する時間ができたので、今日は一気に3記事更新します!

まずは、先週土曜日に主人の会社の方達と市内観光をしたので、その報告をしたいと思います。
日本人のガイドを付けて、主な観光名所を4時間半でまわりました。
以前、「ツリブス」で市内観光をした際にブログで報告した場所は今回は省いて、私が初めて行った場所のみご紹介します。

こちらは国立宮殿。中央広場(ソカロ)にあります。
P1020044(1).jpg
ソカロには何度か行った事があるのですが、国立宮殿の中に入るのは今回が初めて。
入場する際には、パスポートなどの身分証明書の提示を求められ、持ち物検査もされます。

そしてこの宮殿の中には、正面玄関・回廊部分の半分までこのようなたくさんの壁画があります。
P1020042(1).jpg
この壁画は、メキシコの画家ディエゴ・リベラがアステカ時代~現代までの「メキシコの歴史」を描いたもので、本来なら、回廊の壁すべてを壁画で埋め尽くす計画だったそうです。
一つ一つの壁画をガイドの方に説明してもらい、その壁画の「意味」や「どのような場面」を描いているのかがよくわかりとても興味深かったです。

ソカロでは来月の独立記念日(9月16日)に向けて飾り付けの準備が始まってました。
P1020045(1).jpg

こちらは「国立人類学博物館」
P1020061(1).jpg
国立人類学博物館は、世界でも有数の規模と内容を誇る博物館で、テオティワカン・マヤ・アステカなどの遺跡物を展示しています。
と、かなり有名な博物館なのですが、遺跡にあまり(全く(笑))興味のない私は今まで行きたいと思わなくて。。。でも、今回はガイドの方が付くとの事で、説明があれば少しは面白いかも?と思い行ってみました。

館内は、文明・地域別に部屋が分かれていて、全部で12室ありかなり広大です。
全部を見てまわると1日はかかるのでは?
私達は、人気がある「アステカ」と「マヤ」の部屋のみ見てまわりました。
このように沢山の遺跡物が展示されています。
(ちなみにすべてスペイン語で説明が書かれています)
P1020053(1).jpgP1020055(1).jpg

これは、太陽の石「アステカ・カレンダー」。この博物館の最大の見せ物です。
数え方は複雑で忘れてしまいましたが、ちゃんと1年=365日の暦になっていて、アステカ人はこのカレンダーをもとに活動をしていたそうです。
P1020052(1).jpg

アステカ・マヤ文明についての知識がほとんどなかった私でも、ガイドの方の説明があったのでそれなりに楽しめました。
もしこの博物館に行かれるなら、ガイド付きの方が絶対いいと思います。
スポンサーサイト


メヒコ観光 | 18:00:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。